バイナリーオプションと損切り


twerwe 損切りの有効性を考える

FXに限らず、投資取引においてはしばしば「損切り」という難しい決断を求められることがあります。

損切りとは、ありていに言えば、自ら損失を取りに行く、という事になります。利益を求めていくはずの投資取引においては、一見すると真っ向から反する事柄見えるかもしれません。

しかし、実はこの損失と向き合って自分からそれを取り込んでいくという行為こそ、利益を最大限に生かす方法なのです。

多くの投資取引において、利益を上げるために予測をピタリと当てる事は非常に難しい事で、それはFXにも変わりはありません。しかし、損失を早めに取り込むことは、考え方によっては誰でも簡単に行えるのです。

実際は、心理的な要素が働き容易ではありません。損失が出ている時には「いつか値を戻すかもしれない」という観測を抱き、そこで損失を取り込むことをためらうのです。

こうしたことが重なる結果、損失が大きくなり手が付けられなくなることもありますし、損失が大きくなれば、せっかく上げた利益はなくなるでしょうし、元資金が少なくなるために、次の投資へつなげることが出来ず、結果として利益を掴むチャンスを自らでつぶしてしまっているのです。

逆に、損切りしっかりと管理して行い損失を自ら小さく取り込める用になれば、利益の差し引きが小さくなり、資金も減らずに済むのでより多くの投資のチャンスを得ることが出来ます。

また、この損失においては、取引業者による強制決済、いわゆるロスカットという仕組みも深くかかわってきます。

ロスカットとは、顧客が取引において大きな損失を負い、預けている証拠金を超えるようなマイナスを被らないために設定されているもので、基本的には顧客を救済するセーフティーネットの役割をしています。

しかし、この仕組みの発動は預けている証拠金に対して一定の含み損、つまり決済をしない状態での評価での損失を持った時に行われるため、値を戻すだろうと思ってマイナスの通貨を持ち続けていると、突然に強制的にマイナスで決済されることがあるのです。

もちろん、これによってさらに大きな負債を抱え込むことはなくなるのですが、それでも投資した金額と預けていた証拠金が同時に無くなれば、それはすなわち次からの投資の機会を失うのと同じことを指し、事実、結果としてFXをやめざるを得なくなってしまった投資家はたくさんいるのです。

このようなことを防ぐためにも、損失がこの額になったら必ず決済をする、というような機械的なラインを自ら設けるなどして確実な損切りを行うことが、FXで利益を積み上げていく一つの方法となっているのです。