正しい税金申告のやり方

twer バイナリーオプションで利益を得た場合にも、もちろん税金がかかります。この税金は規制の変更とともに申告方法も変わります。ここに正しい税金申告のやり方を紹介しますので、確認しておいてください。バイナリーオプションの取引において、トレード成功により利益が発生したと仮定します。これはもちろん喜ばしいことです。しかし、この利益はあなたにとっては所得の一種となります。所得であるからには所得税を支払う必要があります。

ここで税金のお話をさせていただきます。バイナリーオプションでえた税金は「申告分離課税」と言う形をとります。と言われても全くわからない、と言う人もいることでしょう。大人気のバイナリーオプションのワンタッチなどで利益を上げたときはどうすれば良いのでしょうか?

申告分離課税とは、本業がサラリーマンであれば会社から出た給料、自営をしている場合には売上、それらと合わせての申告をする必要はありません。本業の収入(給料・売上)とは別枠で申告をし、税金を確定します。バイナリーオプションとは、税務上は「雑所得」に分類されます。

 雑所得は、年間で20万円を超える取得が出た場合に申告をし、納税しないといけません。逆に言えばバイナリーオプションで利益をあげたとしても、年間で20万を超えない場合は申告も納税も不要になるのです。

 もし20万円を超える儲けが出た場合には、確定申告が必要になります。サラリーマンの人は、会社で財務処理をやってもらっているので分からない人もいると思います。

2月の中旬から3月中旬までに税務署で手続きをすることを確定申告と言います。ここで申告をせずに、後日それが税務署に発覚した場合は追徴課税と言って、よけいに税金を払わなくてはならなくなりますので、申告は忘れないようにしましょう。

 さて、ここでFX投資の世界では有名な方の話をしておきます。(新聞にも掲載さた実話です)彼は、FXが流行りだして間もない頃、偶然にも投資を始めることとなりました。そしてその読みが続々と的中し、その資産はあっという間に10億円を超えたそうです。彼は父親の営む町工場で働いていたのですが、町工場を辞め、六本木ヒルズに自宅を映し、日々豪遊していたそうです。

しかし、1年もしないうちに…税務署の人たちが大勢押しかけてきて、あれよあれよと言う間に追徴課税をしはらうハメになりました。実は彼は、FXの知識はあったのですが、税金の事をまったく知らず、資産をほとんど使い果たしてしまっていたのです。

 彼に残されたのは、2億円の借金だけ。そして、今では実家の工場を一人でやりきりしているということです。この話を読んで、まさか自分にはそんなことが…と思う方もいらっしゃるでしょう。しかし、税金のことも忘れずにしっかりと考えて投資できる人、そういう人こそがバイナリーで長く稼いでいける人だと、私は思います。